2013年01月25日

MAKOTOLAWジャカルタ出張所 便りNo.4「法制度」

***********************************
※「MAKOTOLAWジャカルタ出張所便り」とは、MAKOTOLAWの一員である池田彩(弁護士。但し、海外留学中のため、現在は登録を一時抹消中)が、月に1回ジャカルタのレポートをお届けする連載です。
***********************************

こんにちは。池田@ジャカルタです。
日本でも報道されているとおり、こちらジャカルタでは先週モンスーンにより洪水が発生し、死者・大勢の避難者を含む甚大な被害が生じています。
幸い、ジャカルタのなかでも私の住んでいる地域は影響が少なく、私自身には大きな被害もなかったのですが、治水インフラ整備の不十分さを痛感させられました。

洪水.jpg
(写真は、少し雨の収まった1月18日の昼頃撮影したもの)





さて、本日は、インドネシアの法制度の概要を簡単にご紹介しようと思います。

balance001.jpg


◆ インドネシアの制定法は、1945年の独立宣言を機に定められた憲法を頂点に、以下、国民協議会決定、法律、政令、大統領令、大臣令、地方規則等という階層をなし、上位法規は下位法規に優先するものとされています。

※制定法とは、公の立法機関によりその内容が決定され、文字で書き表された法のこと。一般に「法」と言ったときにまず思い浮かべる、日本で国会が作る法律などがこれにあたります。

◆ そして、民法や商法(会社法を除く)、刑法といった多くの基本法規は、オランダ統治下にあった19世紀半ばから20世紀前半にオランダ法の影響を強く受けて制定されたものが改正を経ることなく現在も効力を有し、現代インドネシア法制度の基底を形成しています。

このことについては、これら旧来の法が想定していた社会と現代インドネシア社会との間には大きな乖離があるため、現在の制定法では法規範として不十分・不適当であるという意見が多く聞かれます。

なお、インドネシアの公用語はインドネシア語ですが、上記オランダ統治下において制定された法律は正文がオランダ語で記されています。
インドネシア人弁護士の友人のなかにはオランダに留学した経験がある人もいますが、法曹関係者のなかでもオランダ語を読解できる人の割合は少ないという印象です。
法曹関係者を含め、人々は、正文がオランダ語の法律については、学者が翻訳したインドネシア語版を参照しています。

◆ 一方で、会社法や外資規制を定める投資法、労働法、知的財産法などについては、昨今制定または大幅な改正がなされ、一定のアップデートが図られています。
これらについては、部分的にはなりますが、稿を改めてご紹介できればと思います。

◆ また、上記制定法に加え、「アダット」と呼ばれる慣習法やイスラム法も、インドネシアにおける紛争解決に影響を与えています。

「アダット」とは、特定のコミュニティにおいて長年受け継がれてきた行動様式などの慣習のうち人々に法として意識され守られているもののことで、インドネシアにおいてはコミュニティの土地の管理や相続に関する事項を規律することがあります。裁判所にコミュニティの土地管理等に関する紛争が持ち込まれると、裁判官はまずそのコミュニティの慣習法がいかなるものかを認定した上で、かかる慣習法に基づき判断を下します。

イスラム法は、イスラム教の教義に基づく法的規範で、イスラム教徒の結婚、離婚、相続など家族関係に関する事項等を規律しています。当事者がイスラム教徒である家族関係事件等については、一般の民事事件や刑事事件を扱う通常裁判所ではなく、宗教裁判所という特別な裁判所が、イスラム法に基づいて裁判を行います。

◆ なお、裁判制度は基本的に日本と同じ三審制を採用していますが、裁判所の種類として、上記のように、通常裁判所のほかに、宗教裁判所や、軍人及び軍の規律に関する事件を管轄する軍事裁判所も存在している点が興味深いところです。


no-to.jpg
(photo by pakutaso.com)

それでは、今日はこの辺りで。
日本は今冬、記録的な寒さだと聞きます。
皆様、くれぐれもご自愛ください
posted by MAKOTOLAW at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャカルタ出張所

2013年01月11日

明けましておめでとうございます☆



明けましておめでとうございます(*'∇'*)!!
冨平ですかわいい
2013年もMAKOTOLAW STAFF REPORTをよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)


さて、今日は、MLAF恒例の、
持ち寄りパーティ〜2012年納会編〜
のレポートですぴかぴか(新しい)


この日の持ち寄りパーティ、
いつもにまして品数も多く豪華でしたハートたち(複数ハート)



写真 13-01-01 23 27 15.jpg


早速皆が何を持ち寄ったか?をご紹介(*'O'*)


NO.1 鈴木所長弁護士のお寿司

写真 13-01-01 23 43 31.jpg


持ち寄りパーティーということで、
この日のためにわざわざ家でお寿司を握ってきてくださって・・・

冗談です。

出前寿司を注文してくれましたぴかぴか(新しい)



NO.2 田中弁護士の豚肉のワイン煮込み

写真 13-01-01 23 46 38.jpg

写真 13-01-01 23 47 26.jpg

写真からも美味しさが伝わってきます。

「豚さんのお肉に当たり外れあるかも〜。」

と言っていた田中弁護士ですが、
当たりはずれ等全くわからず、
とろけるように美味しかったですハートたち(複数ハート)




NO.3 三谷弁護士の豚まんで有名な大阪・蓬莱のシュウマイ

写真 13-01-01 23 45 18.jpg



エビシュウマイとブタシュウマイかわいい
噛み締めると肉汁が溢れてきました。
一人各1個ずつ美味しくいただきましたるんるん





NO.4 手塚税理士、会計の大森スタッフ&現在弁護士修習中のWさんのビールのおつまみ乾き物


写真 13-01-01 23 37 11.jpg

おつまみのおかかげでビールが進みましたハートたち(複数ハート)




NO.5 友成所長秘書の新鮮フルーツ盛り合わせ

写真 13-01-01 23 42 43.jpg

色とりどり〜かわいい
甘くて美味しいフルーツでしたぴかぴか(新しい)




NO.6 稲富司法書士の手作り肉じゃが


写真 13-01-01 23 39 09.jpg

味が染みこんでて、優しい味ハートたち(複数ハート)
お酒で疲れた胃への一休み(゚-^*)





NO.7 会計の大森スタッフの行きつけのBARのサンドイッチ

写真 13-01-01 23 35 15.jpg

大森の行きつけのBARの方がパーティーのために
こんなにおしゃれな重箱に入ったサンドイッチを作ってくださいました。

ちなみに、
「BARで飲んでいる時って何を考えているんですか?」
と尋ねたところ、

「何も・・・・」

とのことでした。



NO.8 会計の佐々木スタッフの白菜と鰹節と韓国のりサラダ


写真 13-01-01 23 44 23.jpg


事務所の近くに新しく出来た、
こだわり野菜を置いたお店で買った白菜だそうですぴかぴか(新しい)
口がさっぱり美味しかったです*゚o゚)ノ*゚o゚)ノ*゚o゚)ノ

あまりにも美味しくて、皆でレシピを聞いてしまいましたペン
白菜、韓国のり、鰹節、コーン、ごま油、めんつゆを入れて混ぜるだけで
とっても美味しくなりますぴかぴか(新しい)




NO.9 冨平のチョコレートケーキ

今年はチョコレートケーキを作りましたるんるん
3分クッキングのレシピで2時間かかってしまいました・・時計


写真 13-01-01 23 49 05.jpg

「今すぐ店に置ける美味しさだから、MAKOTOLAWで売り出そう!」
と言ってもらえました!



NO.10 昨年の弁護士修習生Wさんのお土産


写真 13-01-01 23 48 16.jpg

とっても美味しい皆の大好きなバームクーヘンかわいい




NO.11 頂き物のハム


写真 13-01-01 23 38 11.jpg

美味しいハムはみるみるうちに
お皿からなくなっていくほどの人気でした揺れるハート



頂き物のビールと、
2012年の干支【辰】のお酒を飲みながら、

写真 13-01-01 23 41 14.jpg


事務所一同で2012年を振り返りながらたくさんお話しましたハートたち(複数ハート)
鈴木所長弁護士の修習時代の経験談も聞けて、
楽しい宴会でしたかわいい




今年も皆様に楽しい所内レポート、
弁護士・スタッフ紹介、銀座ブログを提供できるよう
2013年を過ごしていきます♪♪

どうぞよろしくお願いいたします(*^o^*)(*^_^*)(*^ー^*)

冨平

posted by MAKOTOLAW at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 所内レポート