2013年05月31日

MAKOTOLAWジャカルタ出張所 便りNo.7「インドネシアへの事業進出形態」

***********************************
※「MAKOTOLAWジャカルタ出張所便り」とは、MAKOTOLAWの一員である池田彩(弁護士。但し、海外留学中のため、現在は登録を一時抹消中)が、月に1回ジャカルタのレポートをお届けする連載です。
***********************************


皆さま、こんにちは。池田@ジャカルタです。
先日ショッピングモールを訪れたところ、入り口や建物内に大きな、ちょっと怖い人形が。

ondel-ondel写真1.jpg

ondel-ondel写真4.jpg


友人いわく、来月のジャカルタ誕生記念日に向けて、ジャカルタ伝統芸能に用いられるこの人形ondel-ondelが飾られているのだそうです。(ちなみに今年は486周年だそう。)ondel-ondelは張りぼてで、中に人が入って操るとのこと。
街を練り歩くこともあるそうで、実際にこの人形が街を歩いていたら、子供たちは泣き出さないのか心配になりました。

ondel-ondel写真3.jpg

さて、MAKOTOLAWジャカルタ出張所便り、今回は、日本の企業がインドネシア国内で事業を行うことを決めた場合にとりうる組織の形態について、ざっくりとご説明しようと思います。

日本企業を含む外国企業がインドネシア国内に拠点を設けて事業を行う場合、基本的に、

(1)インドネシア国内に現地法人を設立する方法、又は、
(2)インドネシア国内企業を買収する方法、のいずれかの方法がとられます。

(なお、この国では、金融機関などの一部業種を除き、支店の形態による進出は認められていません。また、後述の通り、駐在員事務所を設置するという方法もありますが、駐在員事務所は原則として営業活動を行うことができません。)

以下、(1)(2)について、少し詳しく見ていきます。

(1)インドネシア国内に現地法人を設立する方法

外国企業がインドネシア国内に現地法人を設立する場合、かかる現地法人は株式会社である必要があります。
外国企業(又は外国人)により株式が保有される会社はPMA会社と呼ばれ、純粋にインドネシア企業(又はインドネシア人)により株式が保有される会社とは区別されます。
現地法人たる株式会社の設立にあたっては、投資調整庁(BKPM)への申請や法務人権省の承認をはじめ、特定の手続きを経る必要があります。

なお、会社設立の前提として、そもそも外資による投資が制限されている分野かどうかについて、いわゆる「ネガティブリスト」をチェックする必要があります(この点については、ジャカルタ出張所便りNo.5記載のとおり)。

また、当該株式会社の業種などによって異なる業規制が課される可能性がある点や、インドネシア会社法上株式会社の株主数は2人以上とされており、日本のように一人株主の株式会社は認められていない点には注意が必要です。

(2)インドネシア国内企業を買収する方法

外国企業がインドネシア国内企業を買収する場合も、かかる対象企業は株式会社である必要があります。
買収の方法としては、買収対象会社の株式を取得する形態が最も一般的です。他の方法(合併、会社分割等)も存在しますが、手続が不透明であったり、先例が少なかったりするため、あまり用いられていません。
対象会社の株式取得により支配権の移転を伴う(例えば、過半数以上の株式を取得する)場合、インドネシア会社法上の手続を踏む必要があります。詳細は割愛しますが、株主総会決議、新聞公告及び債権者保護手続等が必要となります。

なお、株式取得も外資による投資という扱いになるので、前述のネガティブリストの事前チェックや投資調整庁(BKPM)への申請等が必要になる点に注意が必要です。


最後に、駐在員事務所の設置という方法について簡単にご説明します。
上記(1)現地法人設立、又は、(2)現地法人の買収という方法のほか、外国企業は当該企業の製品の販売促進や現地法人設立準備等を目的として、インドネシア国内に、固有の法人格を持たない駐在員事務所を設置することもできます。

駐在員事務所には、以下の3種類があります。

@外国商事駐在員事務所(製品のプロモーションや市場調査、販売管理等が行える。直接的な商品取引等は不可。外国企業がインドネシア国内企業に製品を販売したのち、当該国内企業が当該製品をインドネシア国内で販売する際のプロモーション活動を補助する等の方法で用いられる。)

A外国駐在員事務所(現地法人の設立準備活動等が行える。自ら収益を上げる活動等は不可。)

B外国建設会社駐在員事務所(インドネシア国内の建設会社と共同で建設プロジェクトが行える。関与できる建設事業は、技術レベル、危険度、コストのいずれかが高いものであることが必要。)
駐在員事務所設置の手続きは、上記現地法人の設立又は現地法人の買収にかかる手続きに比べ簡便である等の利点があります。他方、前述の通り、駐在員事務所は原則として営業活動を行うことができません。

インドネシアでの事業を開始するにあたって、現地法人の設立・買収という方法をとるか、駐在員事務所の設置という方法をとるかは、各々の企業の現地での活動目的が何であるかにより決定する必要があります。

以上、今日はこのあたりで。

ondel-ondel写真2.jpg
posted by MAKOTOLAW at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャカルタ出張所

2013年05月20日

MAKOTOLAW ゴルフ部発足記念杯2013

こんにちは、稲富(司法書士)です。

私と三谷弁護士の何気ない会話から1年程前に誕生したMAKOTOLAWゴルフ部ですが、発足からこれまで、部長(私)の怠慢により活動休止状態でした。

そんな我がゴルフ部ですが、今春、東京大学ゴルフ部出身という強力なメンバーの勧誘に成功。
ついに始動しました。
先日、関東のとあるゴルフ場で、「MAKOTOLAWゴルフ部発足記念杯」を開催してまいりましたので、以下、その様子をリポートいたします!

まずは部員を紹介します。

かわいい鈴木真 顧問 

かわいい三谷和久 部員(以下、「三谷プロ」)

普段の仕事でたくさん頭を使うためか、ゴルフで体を動かすことはもちろん、皆とワイワイ楽しくプレーするのが好き。大学時代は野球観戦部。自転車部部長兼任。

かわいい和田健 部員(以下、「和田プロ」)

廃部寸前のゴルフ部に彗星の如く現れた救世主。新メンバーにして絶対的エース。大学時代はゴルフ部に所属。

かわいい稲富奈緒子 部長(以下、「稲富プロ」)

中高大学時代は完全なる文系。数年前にゴルフを始めてからトレーニングすればするほど上達するというスポーツの面白さに目覚め、日々筋トレを欠かさない。名ばかり部長。

今回の参加者は三谷プロ、和田プロ、稲富プロです。

決行当日、天気はMAKOTOLAWゴルフ部の門出を祝うかのような見渡す限りの晴天。

晴天.jpg

位置情報ゴルフ部の醍醐味その1
ゴルフの醍醐味の一つは、晴れ渡る青空と目の前に広がる緑の大地に対し、白いボールの放物線を描くことにあります。
(もちろん、そううまくはいきませんが…)

今日はナイスショットが打てるか、楽しみにしながらラウンドのスタートです!

第一打は和田プロのティーショットです。

tee.jpg

狙ったところに運ぶ、さすがエースの貫禄。


尚、三谷プロ、稲富プロのプレーについては割愛します。
理由は…お察しください。

位置情報ゴルフ部の醍醐味その2
ゴルフは四季折々の自然に触れることができるのも醍醐味の一つです。
東京では既に見頃を過ぎた桜も見事に満開で、今年は桜を二度楽しむことができました。
そんな自然の写真を皆様にお届けします。

sakura1.jpg


桜です。


sakura2.jpg


桜です。


iwa1.jpg


岩です。


iwa2.jpg


岩です。


…すみません、私が岩地盤好きのため、自宅に帰ってから見たら
自然の写真といっても岩の写真ばかりでした。


********************



午前のラウンドを終え、ランチの時間です。

位置情報ゴルフ部の醍醐味その3
ボリューム満点のランチもゴルフの醍醐味の一つです。

私はブログ映えを考慮しカツカレーを頼んだのですが、

curry.jpg

三谷プロと和田プロが注文後運ばれてきたものは…

kurogoma.jpg

黒ゴマ冷麺×2


「しまった!ブログ映えを考えて別々のものを頼むべきだった!!」

後悔したときは既に遅しです…


********************



そして午後のラウンドも無事終え、
(プレー内容については割愛します。お察しください。)

一番ゴルフ場らしいところを探し、記念撮影をしました。
shugo.jpg

杯を手にしたのは言うまでもなく和田プロです。
和田プロについてはさすが元ゴルフ部のプレーでした。
三谷プロと稲富プロは和田プロに迷惑かけっぱなしだったのですが、
和田プロは余裕があり、クラブを持って来てくれたり、
カートを運転してくれたり、コースの解説をしてくれたりと
さながらキャディーのような活躍をしてくれました。

そんな和田プロ、普段は物静かで大人しいのですが、
帰り道に突然


セイコーマートだすげぇ!!」

と叫んだのでとりあえずシャッターチャンスかと思いカメラを向け写真を撮ったのですが…

seicomart.jpg

ただのコンビニ…?


反応の鈍い我々を横目に和田プロは


セイコーマートは北海道に展開しているコンビニで、本州進出しようとしてうまくいかなくて、本州には茨城県と埼玉県のごく一部の地域にしかないレアなコンビニなんですよ!そのうちの一店舗に出会えるなんて!!!


と感激していました。

和田プロいわく、

「久々に胸が熱くなった」

とのことです。
この他、和田プロは北海道ネタに尽きることがありませんので、
皆様も機会がありましたら是非北海道ネタを振ってみてください。

位置情報ゴルフ部の醍醐味その4
このように、所員の普段とは違う一面を垣間見れるのも、ゴルフの醍醐味の一つです。

その後、三谷プロのすべらない話を聞きながら帰途に就きました。

こうしてMAKOTOLAWゴルフ部発足記念杯は大盛況のうちに終わりましたぴかぴか(新しい)

imo.jpg
※事務所へのおみやげ「こんにゃく餅」です。

MAKOTOLAWにはマラソン部、自転車部、釣部、スイーツ(食べる)部など様々な部活がありますので、今後は他の部活もなんとか廃部にせず、活動を活発化させていきたいと思います。

ゴルフ部の次回は岩好きの私にちなみ、岩の多いゴルフ場に行くことになっておりますので、
それまでにもう少しましになっていたいと思う次第です!

以上、ゴルフ部リポートでした。

司法書士 稲富奈緒子モバQ
posted by MAKOTOLAW at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 所内レポート

2013年05月13日

明治神宮☆



こんにちは、冨平です(*^・ェ・)ノ ♪

前回のブログの予告どおり、
今回は稲富司法書士との出張ブログ、
『明治神宮』についてレポートしますぴかぴか(新しい)


表参道のbillsのパンケーキを食べに行った際、
1時間待ちだったため、
ぶらぶらと明治神宮までお散歩に行ってきましたぴかぴか(新しい)

明治神宮の入り口に近づくと、
都会とは思えないほど木々が茂り
ここからは別世界ですよ、
と、どこからか声が聞こえてきそうな程
印象が変わりますぴかぴか(新しい)


irigutideguti.jpg



明治神宮に茂る木々は、
神宮が鎮座するにあたり
全国から献木された約10万本を植栽した人工林との事です。

HPには「代々木の杜の歴史について」というページがあり、
その記事によると
この杜は「永遠の森」をめざした計画のもと、
大正4年から造園工事が始まったそうです。

先に人工林と記述しましたが、
明治神宮鎮座50年を機に行った樹木の調査によると、
わずか半世紀で人工林から自然の状態になっている、
ということが解ったそうで、

現在は面積70万平方メートルのうち、
約17万245種の木々が成長しているとのことです。

明治神宮:参考HP「代々木の杜の自然について」
http://www.meijijingu.or.jp/midokoro/index.html



歩き進めると、

蜀咏悄 1.JPG

奉納されたお酒が並び

さらに歩き進めると、

南参道と北参道の出会い口に大きな鳥居が。

蜀咏悄 2.JPG

この鳥居は第二鳥居といわれ、
明治神宮の2代目の鳥居だそうです。
木造でできている鳥居では日本一とのこと。
台湾産の檜で、樹齢1500年を超えているそうですぴかぴか(新しい)


明治神宮:参考HP「Q&A」
http://www.meijijingu.or.jp/qa/jingu/12.html





手を清め

蜀咏悄 4.jpg

門をくぐって本殿へ・・



鳥居3.JPG


行く途中で
ハートを発見ハートたち(複数ハート)


蜀咏悄 5.jpg

当時は「ハートのマーク」
として作ったのではないと思いますが・・揺れるハート


さて、本殿へ


本殿1.JPG


何度か明治神宮にはお参りしに来ていますが、
来るたびに、この空間にいるだけで
身が清められる思いになりますぴかぴか(新しい)


本殿 2.JPG



さて、ここで明治神宮のHPから
明治神宮の知識を、

明治神宮:参考HP
http://www.meijijingu.or.jp/about/2.html

*********************************************
◆明治
明治45年7月30日に明治天皇さまが、
大正3年4月11日に昭憲皇太后さまが崩御になり、
御神霊をおまつりしたいとの国民の熱誠により、
大正9年11月1日に、両御祭神と特に縁の深い
代々木の地に御鎮座となり、
明治神宮が創建されました。
*********************************************

*********************************************
◆昭和

昭和20年4月14日、
大東亜戦争による空襲に見舞われ、
創建当初の主要建物は焼失しました。

昭和33年11月、国の内外から多くの浄財が寄せられ、
神社建築の粋を集めて復興造営がなされ
現在の社殿が完成しました。
*********************************************


*********************************************
◆平成
平成5年10月13日、平成の御大典記念事業として
造営の神楽殿が竣功。また、明治天皇御生誕150年
記念境内施設整備事業の一環として同14年に
社務所が新築されました。
*********************************************


帰り際、
おみくじもひき、
それぞれ身に覚えのあるお言葉を頂き、


omikuzi2.JPG




この言葉を胸にしっかりとどめ
今後過ごそうと決意手(グー)ぴかぴか(新しい)



神宮 4.JPG

明治神宮の杜を後にして、

我々は美味しいbillsのパンケーキを
食べに行ったのでしたハートたち(複数ハート)


参考:明治神宮公式HP
http://www.meijijingu.or.jp/index.html


以上、冨平でした(*^O^*)

posted by MAKOTOLAW at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2013年05月02日

bills☆





こんにちは、冨平ですヾ(*'-'*)♪

今回は出張グルメブログです黒ハート


休日に稲富司法書士と
表参道に繰り出して、世界一の○○を食べてきましたかわいい


ご存知の方が多いかと思いますが、
billsのパンケーキですハートたち(複数ハート)

HPによると、
billsはオーストラリアのカジュアルダイニング。
オーストラリアメルボルン出身のビル・グレンジャー
という方が、手がけている
オーストラリアの地元の人にも
観光客にも大人気のお店との事ぴかぴか(新しい)

昨年表参道の東急プラザに
billsが入ってから、
ずっといきたいと思っていたので、
この日をものすごく楽しみにしていました!!

1年前、billsに行こうとした際は、
(その時は会計スタッフの佐々木とでした)
なんと人がいっぱいで入れず、
今回も入れるか心配だったので少し早めに行きました。


1年たっても相変わらずの人気ぶりで、
10時前に付いたところ
食べられるのは1時間後との事


整理券をもらい、その間
稲富司法書士とぶらぶら明治神宮へ・・ハートたち(複数ハート)


と、明治神宮のお話はまた後日!


11時になり、イソイソと
世界一の朝食と言われるビルズへハートたち(複数ハート)


世界一のパンケーキぴかぴか(新しい)
世界一のスクランブルエッグぴかぴか(新しい)
そしてスムージーたちを頼みましたぴかぴか(新しい)



写真+1.PNG





スクランブルエッグぴかぴか(新しい)

塩コショウだけで口に広がるたまごのほのかな甘み。
シンプルな味付けだけに、たまご本来の味が際立つ。
何よりとってもふわふわでした。
(by稲富司法書士)

これが世界一と言われる所以か!
と2人でもぐもぐもぐもぐ美味しく頂きましたぴかぴか(新しい)



写真+2.PNG



そして、パンケーキ黒ハート


本当に美味しかったですかわいい
スクランブルエッグに負けず劣らずふわふわで、
シロップもどんなにかけてもそこまで甘くならず、
パンケーキに練りこまれている
リコッタチーズのとろけ具合といったらもう!

驚きの美味しさでした
ほっぺたがとろけ落ちそうでした揺れるハート


写真+3.JPG



スムージーも、
果物やベリーの歯ごたえに、
ミントの風味ぴかぴか(新しい)


この日は暑かったので、
スムージーのひんやり感が体の芯すみずみまで
行き渡りました晴れ


「流行りモノに行列することが苦手だから、
 誘ってくれなかったら一生行かなかったと思う。
 ビルズでパンケーキを
 食べるのはきっと今日だけ。
 人生でこれっきりだと思う。
 誘ってくれてありがとう・・。」

とつぶやく稲富司法書士でしたが、
また一緒にいけたらいいな、と
心の中で思う冨平でした。


☆billsの詳細HP
→ bills-jp

納得の『世界一の朝食』ぴかぴか(新しい)
皆様も是非行ってみてください!!
表参道の他は、お台場、七里ヶ浜、
横浜赤レンガ倉庫に店舗があるそうです!


以上、冨平でした
明日からGWですね!!
皆様素敵な一時をお過ごし下さいヾ(*'-'*)♪


posted by MAKOTOLAW at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ