2013年07月30日

MAKOTOLAWジャカルタ出張所 便りNo.9「ラマダンとレバラン」

***********************************
※「MAKOTOLAWジャカルタ出張所便り」とは、MAKOTOLAWの一員である池田彩(弁護士。但し、海外留学中のため、現在は登録を一時抹消中)が、月に1回ジャカルタのレポートをお届けする連載です。池田の帰国につき、今号が最終回です。
***********************************

皆さま、こんにちは。池田@ジャカルタです。
MAKOTOLAWジャカルタ出張所便り、最終回の今回は、インドネシア最大の宗教行事ラマダン、そして、レバランについて書こうと思います。

ラマダン(Ramadhan)とは、イスラム暦の第9月の意で、この月の間、イスラム教徒は日の出から日没まで断食を行います。

ラマダンが終わるイスラム暦第10月の1日目と2日目がレバラン(Lebaran、Idul Fitriともいいます)です。レバランは断食明けの大祭とも呼ばれ、多くのイスラム教徒は、日本のお盆のように、故郷に帰ります。故郷で彼らは親戚や友人を訪問し、その一年間に犯した罪の許しを請い合います。また、日本の年賀状のように、レバランカードを送り合う習慣もあります。

繝ャ繝上y繝ゥ繝ウ繧ォ繝シ繝医y.jpg
レバランカードは様々

ラマダンの開始の日・終わりの日はイスラム暦に拠り、太陽暦上毎年11日位ずつ日にちが早まります。今年のラマダンは7月10日に始まり、8月8日まで続きます。

ラマダン中、イスラム教徒は、日の出前に起き出して食事を済ませ、日の出から日没までの間は一切の飲食(喫煙も)を断ち、日没後にBuka Puasaといって、一日の断食明けの食事をします。
食べ物を断つのも辛そうですが、何よりこの暑い国で飲み物を断つのは辛いのでは、と友人に尋ねたところ、食べ物・飲み物より、日の出前に起きて食事をするため、その後再度寝たとしても眠りが浅く、眠気のほうが辛いと教えてくれました。
ラマダン期間中もビジネスは通常通り行うものとされていますが、能率が落ちることは避けられないようです。断食を行うイスラム教徒に配慮し、営業時間を1時間程度早める会社も多くあります。
(なお、病人や高齢者、妊婦、旅行中の人などは断食を行わなくてもよいものとされています。)

断食は、他人の苦痛を理解し、また、社会の連帯感を高める機会とのこと。
ラマダンの期間中は、持てる人から貧しい人への喜捨も盛んに行われます。

私のような外国人や、インドネシア人でもイスラム教徒でない人は、断食をする必要は当然ありませんが、断食中のイスラム教徒の面前での飲食や喫煙は控えるのが礼儀とされています。
ジャカルタ市街地の飲食店は、断食期間中も通常通り営業しているところが多いのですが、カーテンやブラインドで目隠しをして、外から飲食をしている場面が見えないようにしている店が大半です。

繧ケ繧ソ繝シ繝上y繝・け繧ケ.jpg
目隠しをしているカフェ

ラマダン、そして断食を実践しているイスラム教徒を身近に見ることができたことは、私にとって大変貴重な経験になりました。


以上、去年10月からお送りしてきたMAKOTOLAWジャカルタ出張所便りも、これで最後です。
インドネシアでビジネスや生活をするにあたっては、この国の文化への理解が不可欠だと考えます。つたない記事ではありますが、私のレポートが少しでも皆様のお役に立てていれば幸いです。
10ヵ月間お付き合いくださり、ありがとうございました。

独立記念塔.jpg
ジャカルタの代表的観光地独立記念塔

Pulau Seribu.jpg
ジャカルタ近郊の観光地、Pulau Seribu, Pulau Tidungの景色
posted by MAKOTOLAW at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャカルタ出張所

2013年07月23日

お結びカフェ☆



こんにちは、冨平です(*'∇'*)


先日稲富司法書士と銀座OLらしく、
銀座lunchをしてきましたハートたち(複数ハート)

ランチの場所は。。。。
弊所の目の前の

『お結びカフェ』

昨年オープンして、
事務所内の窓からよく見えるお店ということもあり、
ずっと行ってみたいと思っていたお店です。
遂に行ってきました黒ハート




店内は温もりあふれる木目調で、
料理は福井の郷土料理をアレンジして出しているそうです。
かわいい


お結びカフェだけあって、
おむすびがメイン。

しかし我々はがっつり食べたかったため
定食を食べることに。


稲富司法書士


蜀咏悄 1.JPG

焼き鯖定食


冨平


蜀咏悄 2.JPG

越前十割おろしそば(おむすび1個サービス)


それからハートたち(複数ハート)

お昼からデザートをハートたち(複数ハート)


稲富司法書士はたいやき!!!!
その場で温めてくれるのです黒ハートぴかぴか(新しい)

蜀咏悄 4.PNG


冨平はチーズケーキにしました揺れるハート


蜀咏悄 3.PNG


お結びカフェで、
幸せなlunch timeを満喫しました黒ハート

事務所の目の前のお店ですので、
是非!皆様もお立ち寄り下さい!!!!!!

1階は「木の暮らし 銀座店」。
ブライダルの引き出物として天然木の時計を
作成したり注文したりなどできるお店です。

写真.jpg


その2階がお結びカフェです☆

冨平(*゚O゚)
posted by MAKOTOLAW at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ

2013年07月01日

MAKOTOLAWジャカルタ出張所 便りNo.8「インドネシアのお酒事情」

MAKOTOLAWジャカルタ出張所 便りNo.8「インドネシアのお酒事情」
***********************************
※「MAKOTOLAWジャカルタ出張所便り」とは、MAKOTOLAWの一員である池田彩(弁護士。但し、海外留学中のため、現在は登録を一時抹消中)が、月に1回ジャカルタのレポートをお届けする連載です。
***********************************

皆さま、こんにちは。池田@ジャカルタです。
MAKOTOLAWジャカルタ出張所便り、今回は、インドネシアのお酒事情について書こうと思います。

この国のお酒事情は、日本のそれとは大きく異なります。イスラム教では飲酒が禁止されていますが、この国では人口の9割弱の人がイスラム教を信仰しており、文化や慣習に多大な影響を与えているからです。外国人であれ、おおっぴらに飲酒を楽しむのは、周囲に配慮のある行動とはいえません。
(ただし、バリは、人口の大多数が飲酒に対する考えがイスラム教ほど厳しくないヒンズー教の信者であり、また、国際的観光地であることから、飲酒に対して比較的寛容であるとされています。)
飲酒の禁忌を厳格に守っているイスラム教徒の友人達は、「飲み会」ならぬ「食べ会」で親交を深めます。

とはいえ、ジャカルタ中心地など若者の集まる地域においては、アルコールを提供している飲食店も数多くありますし、イスラム教徒の若者の中にも飲酒を好む人たちは少なからずいる印象です。
また、インドネシア国内企業もビール等を生産・販売しており、ジャカルタであれば、スーパーやコンビニでも購入することができます。写真は、近所のスーパーで買える酒類。

近所のスーパーで買える酒類.jpg

一方で、少し郊外に出て、保守的なイスラム教徒が多い地域に行けば、お酒を買える店も少なく、買える店でも、周囲から見えないようにという配慮なのでしょう、買ったお酒を不透明の黒いビニール袋に入れてくれるそうです。

インドネシア国産ビールで一番のシェアを誇るとされるのが、このビンタンビール。

ビンタンビール.jpg

近所のスーパーで16,000ルピア(16,000ルピア≒160円(2013年7月1日現在))でした。以前お伝えしたとおり、例えば、比較的安全とされるタクシーの初乗りが6,000ルピアであることを考えること等を考えると、高いなぁと思います。
このビール、インドネシアの旧宗主国オランダの酒造会社であるハイネケンの製造工場で作り始められました。そのことからハイネケンのビールに味が似ているとされますが、そう言われてみればそうかといった感じです。
インドネシアは、従前よりご紹介しているとおり、他民族国家であり、そのため料理も各民族ごとに個性があって一括りにし難いのですが、全体的に、辛口で脂っこい料理が多いとされています。
爽やかなビンタンビールは、そのようなインドネシア料理に合います。

インドネシア料理とビール.jpg

こちらでも日本ブランドで第三国生産のビールやドイツやベルギー産の輸入ビールも購入することができますが、日本ブランドで第三国産のビールは1缶(330ml)約32,000ルピアと、ややためらってしまうお値段です。でも、好きな人にはたまらないそう。ドイツビールやベルギービールは1瓶(330ml)40,000ルピア強です。

インドネシア国産のアルコール飲料には、ビールの他に、世界的に有名とされるバリのアラックや、インドネシア国産のウィスキー、ウォッカ などもありますが、日本人の間では好き嫌いが分かれるようです。

また、ジャカルタ市内の日本料理店では、日本酒や焼酎を提供している店も多くありますが、高率な輸入関税等ゆえ、日本で飲む際の2、3倍はする印象です。

調べたところ、日本国内のインドネシア料理店でも、ビンタンビールはじめインドネシアのお酒を提供しているところがあるようです。
ぜひ皆様にもインドネシアの料理とお酒を試してみていただきたいです。
posted by MAKOTOLAW at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャカルタ出張所